もしかしたらADHD?ADHD(注意欠如多動性障害)の見分け方とは

ADHD(注意欠如多動性障害)は、注意力が持続しない・落ち着きがない・衝動性が強いといった特徴があります。しかし、この症状は子どもの頃にはよくみられるので、子どもの頃の特徴、または性格として判断され、障害と見分けが付かないことがあります。

また、ADHD以外の発達障害など似ている、別の障害と考えられてしまう場合もあります。素人の目から見ては、区別が付けにくいのが現状です。

ADHDかも?と思ったら…

気になる症状があっても、素人の目ではそれが障害なのか性格なのか判断が付けにくいですよね。ADHDは、医療機関で診断してもらうことが大切です。子どものうちは特に、障害と診断されても、その状態にあった教育等をすることで、改善される可能性があります。そのため、間違った判断ではなく、きちんとした診断をする必要があります。

しかし、ADHDの診断を受けるには、医療機関を受診するのですが、実施している医療機関が少ないため、診断までに時間がかかることがあります。そのため、事前にかかりつけ医や相談窓口で相談しておくと良いでしょう。また、的確な症状を伝えられるようにしておくとスムーズです。

こんな症状に注意!

ADHDを素人が判断するのは難しいですが、いくつかポイントはあります。ADHDかどうか分かるのは、言葉を話せるようになり、歩けるようになった頃からです。子どもの場合は、2歳頃からだと言われています。会話ができるようになる頃ですが、会話が不自然だったり、夜泣きの具合で分かる場合があります。

だいたいは、小学校に入学してから分かることが多いです。小学校に上がると、集団生活の中での決まりごと等が増え、その中で特徴的な言動が分かりやすくなってきます。授業中に座っていられないなど特徴的な行動が目立ってきます。また、忘れ物や遅刻の多さもポイントになります。何度も注意しても改善されない、事を理解しているかどうかも見極めるポイントです。

真剣な話をしているのに、気が違うところに向いていたり、重要な話を重要だと捉えられない場合は注意した方が良いと言えます。特に、面と向かって真剣な話をしているのにも関わらず、視線が合わないなどは注意が必要です。しかし、子どもは怒られているときは、視線を合わせないことも普通にあるため、話の仕方には気を付けましょう。

判断が難しい場合のポイント!

障害なのか、性格なのか判断が難しい場合は、どのくらいの期間その症状に悩んでいるかがポイントになることがあります。子どもの頃から物忘れが多い、注意力が散漫などの症状に悩んでいる場合は、医療機関を受診することをオススメします。症状が現れてからの期間が長ければ、長いほど改善される可能性が低くなるので、気になっている場合は早めに受診するといいでしょう。

ADHDと一言で言っても、症状の表れ方は人によってそれぞれ異なります。軽度の人は大人になるまで、気がつかないこともあります。社会に出てから生きづらさを感じ、発見されることも多いです薬により、今まで苦しんでいた症状が軽減されることもあるので、医療機関で診断を受けることで生活が改善されることも期待できます。

ADHDと間違えやすい発達障害

落ち着きがない、注意力がないなどからADHDかな?と疑いますが、ADHDに似ていても別の障害の可能性もあります。ADHDと見違えやすい障害として、ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)です。

ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)は、空気が読めないなど、他人の感情を読み取る能力が低いという特徴があります。しかし、症状はADHDと似ているために見分けがつけづらいです。

気をつけたいポイントは、ADHDとASDを併発することもあるということです。ADHDとASDは脳のほぼ同じ場所が原因で起こる症状のため、受診してもはっきりと見分けがつかないこともあります。この場合は、医師の判断にもよりますが、どちらの症状がより強く現れているかで診断名をつけます。

ADHDとASDのどちらにしても、治療法は似ているので、どちらにも効果が期待できると言えます。その症状にあった、教育や薬が主な治療法になります。気になる症状があっても、個人で判断することは難しいので、医療機関を受診し的確な診断をしてもらうことをオススメします。

同じ症状でもADHDではない可能性も?!

大人の女性で間違えやすいのが、PMS(月経前症候群)です。PMSも、注意力の欠如が見られます。大人のADHDと区別がつけにくいかもしれません。そんなときは、気になる症状が起こる時期をメモしておくといいです。いつ症状が現れているかを把握し、それが生理の周期とあっているようなら、ADHDではなくPMSの可能性が高いです。

PMSは女性ホルモンのバランスの乱れが原因で起こるので、ホルモンバランスが整えば、症状も改善されていきます。他にも、1年を通してこの時期だけに気になる症状が起こる、という場合は季節性気分障害が疑われます。こちらは、心療内科等を受診し治療していきます。大人は、ADHD以外にもさまざまな事柄が原因な場合があるので、症状の期間や周期なども知った上で、それぞれにあった病院を受診することで改善が望まれます。ご自分の特徴を知ることが大切ですね。

発達協会「AD/HDとは何か」(外部サイト)

文科省「小・中学校におけるLD(学習障害),ADHD(注意欠陥/多動性障害),高機能自閉症の児童生徒への教育支援体制の整備のためのガイドライン(試案) 」(外部サイト)

Top