ADHD(注意欠如多動性障害)の特徴を解説します。

近年、よく耳にするようになったADHDという言葉。TVなどでも特集され、知っている方も多いのではないでしょうか?ADHDは、子ども頃に発見されるだけでなく、大人になってから、発見されることも少なくありません。ADHDにはどんな症状があるのでしょうか?症状を知ることで、見方を変えることもできるかもしれません。

ADHDとはどんな症状があるの?

ADHDとはAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略で、日本語では注意欠如多動性障害と言います。ADHDは発達障害の1つで、集中力がない・多動性・衝動性が強いという3つの症状を合わせた言葉です。

注意力を持続することができない、じっとしていられず、常に動いているなど落ち着きがない、忘れ物や落とし物が多いのが特徴です。子どもの場合、子どもにはよく起こり得る行動のため、診断できずに見落とされてしまうことがあります。そのため大人になってから、発見されることも多いです。大人のADHDでは忘れ物が多い、1つのことにしか注意を配れず、2つのことを同時に行えないなども挙げられます。

ADHDにも種類がある。

ADHDには、3つの種類があります。注意力を持続させることができず、注意力が散漫な不注意優勢型。じっとしていられず、無駄に行動をしてしまう、多動・衝動性優勢型。2つを併せ持つ、混合型の3種類が主です。しかし3種類に分けられるとは言っても、人によって症状の出方が大きく異なるのもADHDの特徴です。

また、年齢によっても症状が変わります。子どもの頃のADHDは、じっとしていられないなどの行動に影響がでますが、大人のADHDは注意力がないなどの精神面に影響がでることが多いです。

早めに気づくことが大切。

ADHDは、脳の構造や働きが原因で見られるために起こる障害です。そのため、気を付けようという心掛け等で改善されることはありません。本人の努力や工夫で、症状を軽減させることができるのは、ごく一部にすぎないということになります。

子どもの頃に、ADHDが発見された場合は、成長に伴い不足している部分を補う教育をすることにより、大人になるにつれて症状がほとんど気にならなくなる場合があります。子どもの頃は、脳も柔軟で学習能力が高いため、不足している部分を十分に補うことができるためと考えられています。

大人になってから診断された場合は、薬で補うのが一般的です。社会に出ている場合、仕事やに人付き合いへの影響もあるため、周りの人に話して理解してもらうことが大切です。

気になる症状がある場合は、受診しましょう。

子どものADHDは、早めに気付くことで、必要な教育を受け不足を補うことができます。また大人になってから、社会での生きづらさを感じている人がADHDと診断されることも少なくありません。子どもでも大人でも気になる場合は、一度専門機関を受診してみることをオススメします。
ADHDは、周囲の人が障害を理解してくれることで生きづらさを解消することに繋がります。本人や周りの人が障害のことを理解するだけでも、精神的にも楽になる部分があります。

また、ADHDだと思っていても、ADHDに似た違った発達障害も存在します。障害の種類によって、アプローチの仕方も変わってくるので、自己判断ではなくきちんと診断してもらうことで、生活が変わるきっかけになると考えられます。

生きづらさを、生活のしやすい環境に変える。

ADHDなどの、発達障害が認められた場合、障害者手帳が交付されます。障害者手帳を持つことで、公共の交通機関の割引が受けられるなどの取り組みを行っている自治体もあります。また、仕事に対して不安を持っている方でも、働きやすい環境を得られるように、障害者の雇用支援制度というものも存在します。障害があっても、周りの人が理解を持っているだけで、働きやすくなります。理解ある会社に勤めることで、今まで感じていた不安等が解消されますね。

厚労省「発達障害の理解のために」(外部サイト)

厚労省「発達障害の現状と支援法について」(外部サイト)

Top