ADHD(注意欠如多動性障害)になる原因とADHD対策

ADHD(注意欠如多動性障害)はよく耳にされるようになりました。ADHDは、注意力欠如・多動性・衝動性が主な症状です。子どもの頃だけでなく、大人になってから診断を受ける人も少なくありません。ADHDは周囲の人の理解が必要です。ADHDとは、どんな障害なのでしょうか。

ADHD(注意欠如多動性障害)とは、なにが原因で起こるの?

ADHDの原因は、まだ解明されていません。現在もさまざまな研究がされていますが、遺伝なのか外的環境が原因なのかも判明していません。先天性の障害である可能性もありますが、現在分かっている部分では、脳の働きに偏りが見られるということです。特に前頭葉の働きが正常な人に比べて、問題があると考えられています。

前頭葉とは、あった出来事の記憶の整理整頓や、判断を下す働きを担っています。他にも、行動をコントロールする神経がある、重要な部分です。ADHDの人の特徴として、物忘れが激しい、衝動的な行動が多いといったことから、前頭葉になにかしらの問題が生じていると考えられます。

人は、脳から神経を通して命令を伝達し、行動に移していますが、ADHDの人はこの伝達をする物質が十分に機能していないと言われています。そのため、薬で伝達の働きを補うことで症状の改善を図っています。しかし、まだ根本的な部分での解決には至っていません。

ADHDは気付かない?

ADHDの特徴は、落ち着きがない、多動性、忘れ物や遅刻が多いなどが挙げられますが、これらは個人の性格としても捉えることができます。そのため、障害だと思われずに治療が遅れることがあります。

障害である期間が長いほど、治療で治る可能性が低くなります。子どものうちに診断されれば、足りない部分を教育や薬で補うことができます。子どものうちは脳も柔らかいので、できないことを補うよう教育を受けると社会に出る頃には、症状が気にならなくなるほどまで改善することができると考えられています。

大人で診断された場合でも、生活に問題が出ることはありません。しかし、生きづらさを感じている人も少なくありません。社会に出てから、人間関係や仕事のミスなどで悩みを抱えている人もいます。

ADHDは上手に付き合っていくことで、生きづらさ等を解消することができます。自分のできること、できないことを理解し、周囲にも理解してもらうことが大切です。ADHDの人が働きやすいように、会社で理解を深めているところもあります。また、雇用支援制度というものが存在します。できる範囲で、仕事ができるように働きかけてくれる制度です。こういった社会制度も利用しているのもいいでしょう。

子どものADHDに対してできること

子どもがADHDと診断された場合、親は障害のことをきちんと理解することが大切です。ペアレント・トレーニングというものがあり、専門機関や講習を受けられ、障害について学ぶことができます。ADHDの特徴を知り、できること、できないことを理解してあげるだけでも子どもの精神的ストレスは軽減されます。

子ども自身も、人間関係が上手くいかないストレスや、やりたいことができないもどかしさでストレスを抱えています。通常、子どもの場合は足りない部分を補う教育や、薬での治療を行いますが、対人関係の能力を高めるための、ソーシャルスキル・トレーニングも行います。

子どものうちに、適切な対処法を取ることで将来症状が軽減される可能性があるので、子どもの治療は早めに受けておきたいですね。周りの理解が得られずに、そのなかで生活していると、症状が悪化することもあります。

学校で理解してもらう、専門的な人に診てもらうといったことが将来に繋がると考えられています。また、無理をしすぎないよう、自分の性格やできることを考慮した上で、学校や職場を選ぶことも大切です。

ADHDと診断されたら…

ADHDは根本的な治療がまだ難しく、症状を軽減させることしかできません。治療をしていれば、軽減させることは可能ですが、努力や気持ちでどうにかできることではないので、ADHDとは上手く付き合っていくことが大切です。

無理をした環境にいても、ストレスなどから精神的に参ってしまいます。周囲の人や会社の人に相談をし、障害を理解してもらうことが大切です。周囲の人の協力があれば、環境も変わってくるので、無理をしないで相談をするようにしましょう。

また、診断を受けると障害者手帳が交付されます。医療費や公共交通機関の負担を軽減してくれる制度も地域によってはあるので、こちらも上手く活用していくと生活がより楽になりますね。障害がある方向けに、自立支援制度や雇用支援制度もあるので社会に出て悩んでいる場合は、一度話を聞いてみるのもいいでしょう。

日本薬理学雑誌「脳の発達障害ADHDはどこまでわかったか?」(外部サイト)

教育社会学研究「医療化現象としての「発達障害」」(外部サイト)

Top