年代別のADHD(注意欠如多動性障害)の特徴を教えます。

ADHD(注意欠如多動性障害)の症状の特徴に、個人差があります。人によって、症状の出方がさまざまなので、この子の特徴を良く見て対応する必要があります。また、年齢によっても傾向があるので、より理解を深めるためにも知っておきましょう。

子どものADHDは気付きにくい

ADHDの疑いが現れるのは、2歳頃からと言われています。歩き始めたり、会話ができるようになる頃なので、会話が不自然だったりといったことから発見されることが多いです。しかし、まだこの頃は個性や性格として判断されることもあります。

早い段階では、0歳のときに寝つきが悪い・視線が合わない・寝返りが頻繁などの症状から疑いを持つこともありますが、まだまだ成長段階なので成長と共に気にならなくなることもあります。

小学校に就学する頃に、じっと座っていられない・会話が合わない・話をしていても視線が合わないなどの行動が見られた場合は、ADHDを疑うことがあります。頻繁に起こる場合や、長期的に症状が見られる場合は、医療機関を受診して診断を受けるのが良いでしょう。

ADHDと発達障害

ADHDの子どもは必ずしもそれだけとは限りません。ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)や発達障害を持っていることもあります。言葉がなかなか出てこない、知能に遅れが見られる場合、発達障害もある可能性があります。原因は解明されていませんが、脳の障害が原因で起こると考えられています。

幼児期には、はっきりと分からなかった症状でも、小学校に上がる頃になるとはっきりと診断されます。ADHDの子どもは、授業中でも椅子に座ってられなかったり、忘れ物や遅刻が多い、人と話をしていても違う話題の話を急にしてくる、話を聞いていないなどの行動が挙げられます。また、怒りやすいのも特徴でかんしゃくを起こしたり、暴力をふるうこともあります。

中学生・高校生になると、他人と自分を比較するようになり自然と衝動的な行動は収まってきます。しかし、その一方で知的障害や学習障害などの悩みが出てきます。他人と比較することで劣等感を感じ、悩みを抱え込んでしまうことも多いです。

ADHDの治療は、教育や薬がメインで行われるのですが、中高生は思春期や反抗期とも重なるため、ADHDだということを否定したい気持ちの表れで治療を拒否することもあります。より心のケアが必要になってきます。

大人のADHDが増えている

最近、TVで特集されたりと耳にする機会の多いADHDですが、大人になって発見されることが増えています。社会に出て、仕事をしている大人ですが、仕事でのミスが多い、計画性を持てない、遅刻多さや重要なことでも伝達し忘れるなどに悩んでいる人がいます。会社に馴染めなかったり、人間関係が上手くいかずに生きづらさを感じていることも多いです。

生きづらさを感じ、病院を受診したところ ADHDだと診断される大人が増えているのが現状です。ADHDだからと言って、働けないわけではありません。ADHD自体も、症状に個人差があるので個人に合わせた対策を取ることで、生活しやすい環境へと変えていくことができます。

ADHDの人は、いくつかの指示を受けると混乱してしまうので、何かが抜けてしまったり、同時に何かをすることは難しいです。椅子に長時間座るような仕事は、じっとしていられないことが多いで、仕事を選ぶ際には、こういった点も考えて選ぶといいでしょう。

しかし、ADHDの人は何か夢中になれる物があれば、集中力は高いという特徴もあるので、ご自分の特徴にあった仕事を選ぶことが大切です。また、周囲の人に理解してもらうことも重要です。障害を理解してもらった上で、働ける働きやすい職場を探すことで、無理なく働くことができますね。

関西ほっとサロン「ADHDについて」(外部サイト)

大人のためのADHDサイト」(外部サイト)

Top