もしかしたらADHD?ADHD(注意欠如多動性障害)の見分け方とは

ADHD(注意欠如多動性障害)は、注意力が持続しない・落ち着きがない・衝動性が強いといった特徴があります。しかし、この症状は子どもの頃にはよくみられるので、子どもの頃の特徴、または性格として判断され、障害と見分けが付かないことがあります。

また、ADHD以外の発達障害など似ている、別の障害と考えられてしまう場合もあります。素人の目から見ては、区別が付けにくいのが現状です。

ADHDかも?と思ったら…

気になる症状があっても、素人の目ではそれが障害なのか性格なのか判断が付けにくいですよね。ADHDは、医療機関で診断してもらうことが大切です。子どものうちは特に、障害と診断されても、その状態にあった教育等をすることで、改善される可能性があります。そのため、間違った判断ではなく、きちんとした診断をする必要があります。

しかし、ADHDの診断を受けるには、医療機関を受診するのですが、実施している医療機関が少ないため、診断までに時間がかかることがあります。そのため、事前にかかりつけ医や相談窓口で相談しておくと良いでしょう。また、的確な症状を伝えられるようにしておくとスムーズです。

こんな症状に注意!

ADHDを素人が判断するのは難しいですが、いくつかポイントはあります。ADHDかどうか分かるのは、言葉を話せるようになり、歩けるようになった頃からです。子どもの場合は、2歳頃からだと言われています。会話ができるようになる頃ですが、会話が不自然だったり、夜泣きの具合で分かる場合があります。

だいたいは、小学校に入学してから分かることが多いです。小学校に上がると、集団生活の中での決まりごと等が増え、その中で特徴的な言動が分かりやすくなってきます。授業中に座っていられないなど特徴的な行動が目立ってきます。また、忘れ物や遅刻の多さもポイントになります。何度も注意しても改善されない、事を理解しているかどうかも見極めるポイントです。

真剣な話をしているのに、気が違うところに向いていたり、重要な話を重要だと捉えられない場合は注意した方が良いと言えます。特に、面と向かって真剣な話をしているのにも関わらず、視線が合わないなどは注意が必要です。しかし、子どもは怒られているときは、視線を合わせないことも普通にあるため、話の仕方には気を付けましょう。

判断が難しい場合のポイント!

障害なのか、性格なのか判断が難しい場合は、どのくらいの期間その症状に悩んでいるかがポイントになることがあります。子どもの頃から物忘れが多い、注意力が散漫などの症状に悩んでいる場合は、医療機関を受診することをオススメします。症状が現れてからの期間が長ければ、長いほど改善される可能性が低くなるので、気になっている場合は早めに受診するといいでしょう。

ADHDと一言で言っても、症状の表れ方は人によってそれぞれ異なります。軽度の人は大人になるまで、気がつかないこともあります。社会に出てから生きづらさを感じ、発見されることも多いです薬により、今まで苦しんでいた症状が軽減されることもあるので、医療機関で診断を受けることで生活が改善されることも期待できます。

ADHDと間違えやすい発達障害

落ち着きがない、注意力がないなどからADHDかな?と疑いますが、ADHDに似ていても別の障害の可能性もあります。ADHDと見違えやすい障害として、ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)です。

ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)は、空気が読めないなど、他人の感情を読み取る能力が低いという特徴があります。しかし、症状はADHDと似ているために見分けがつけづらいです。

気をつけたいポイントは、ADHDとASDを併発することもあるということです。ADHDとASDは脳のほぼ同じ場所が原因で起こる症状のため、受診してもはっきりと見分けがつかないこともあります。この場合は、医師の判断にもよりますが、どちらの症状がより強く現れているかで診断名をつけます。

ADHDとASDのどちらにしても、治療法は似ているので、どちらにも効果が期待できると言えます。その症状にあった、教育や薬が主な治療法になります。気になる症状があっても、個人で判断することは難しいので、医療機関を受診し的確な診断をしてもらうことをオススメします。

同じ症状でもADHDではない可能性も?!

大人の女性で間違えやすいのが、PMS(月経前症候群)です。PMSも、注意力の欠如が見られます。大人のADHDと区別がつけにくいかもしれません。そんなときは、気になる症状が起こる時期をメモしておくといいです。いつ症状が現れているかを把握し、それが生理の周期とあっているようなら、ADHDではなくPMSの可能性が高いです。

PMSは女性ホルモンのバランスの乱れが原因で起こるので、ホルモンバランスが整えば、症状も改善されていきます。他にも、1年を通してこの時期だけに気になる症状が起こる、という場合は季節性気分障害が疑われます。こちらは、心療内科等を受診し治療していきます。大人は、ADHD以外にもさまざまな事柄が原因な場合があるので、症状の期間や周期なども知った上で、それぞれにあった病院を受診することで改善が望まれます。ご自分の特徴を知ることが大切ですね。

発達協会「AD/HDとは何か」(外部サイト)

文科省「小・中学校におけるLD(学習障害),ADHD(注意欠陥/多動性障害),高機能自閉症の児童生徒への教育支援体制の整備のためのガイドライン(試案) 」(外部サイト)

年代別のADHD(注意欠如多動性障害)の特徴を教えます。

ADHD(注意欠如多動性障害)の症状の特徴に、個人差があります。人によって、症状の出方がさまざまなので、この子の特徴を良く見て対応する必要があります。また、年齢によっても傾向があるので、より理解を深めるためにも知っておきましょう。

子どものADHDは気付きにくい

ADHDの疑いが現れるのは、2歳頃からと言われています。歩き始めたり、会話ができるようになる頃なので、会話が不自然だったりといったことから発見されることが多いです。しかし、まだこの頃は個性や性格として判断されることもあります。

早い段階では、0歳のときに寝つきが悪い・視線が合わない・寝返りが頻繁などの症状から疑いを持つこともありますが、まだまだ成長段階なので成長と共に気にならなくなることもあります。

小学校に就学する頃に、じっと座っていられない・会話が合わない・話をしていても視線が合わないなどの行動が見られた場合は、ADHDを疑うことがあります。頻繁に起こる場合や、長期的に症状が見られる場合は、医療機関を受診して診断を受けるのが良いでしょう。

ADHDと発達障害

ADHDの子どもは必ずしもそれだけとは限りません。ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)や発達障害を持っていることもあります。言葉がなかなか出てこない、知能に遅れが見られる場合、発達障害もある可能性があります。原因は解明されていませんが、脳の障害が原因で起こると考えられています。

幼児期には、はっきりと分からなかった症状でも、小学校に上がる頃になるとはっきりと診断されます。ADHDの子どもは、授業中でも椅子に座ってられなかったり、忘れ物や遅刻が多い、人と話をしていても違う話題の話を急にしてくる、話を聞いていないなどの行動が挙げられます。また、怒りやすいのも特徴でかんしゃくを起こしたり、暴力をふるうこともあります。

中学生・高校生になると、他人と自分を比較するようになり自然と衝動的な行動は収まってきます。しかし、その一方で知的障害や学習障害などの悩みが出てきます。他人と比較することで劣等感を感じ、悩みを抱え込んでしまうことも多いです。

ADHDの治療は、教育や薬がメインで行われるのですが、中高生は思春期や反抗期とも重なるため、ADHDだということを否定したい気持ちの表れで治療を拒否することもあります。より心のケアが必要になってきます。

大人のADHDが増えている

最近、TVで特集されたりと耳にする機会の多いADHDですが、大人になって発見されることが増えています。社会に出て、仕事をしている大人ですが、仕事でのミスが多い、計画性を持てない、遅刻多さや重要なことでも伝達し忘れるなどに悩んでいる人がいます。会社に馴染めなかったり、人間関係が上手くいかずに生きづらさを感じていることも多いです。

生きづらさを感じ、病院を受診したところ ADHDだと診断される大人が増えているのが現状です。ADHDだからと言って、働けないわけではありません。ADHD自体も、症状に個人差があるので個人に合わせた対策を取ることで、生活しやすい環境へと変えていくことができます。

ADHDの人は、いくつかの指示を受けると混乱してしまうので、何かが抜けてしまったり、同時に何かをすることは難しいです。椅子に長時間座るような仕事は、じっとしていられないことが多いで、仕事を選ぶ際には、こういった点も考えて選ぶといいでしょう。

しかし、ADHDの人は何か夢中になれる物があれば、集中力は高いという特徴もあるので、ご自分の特徴にあった仕事を選ぶことが大切です。また、周囲の人に理解してもらうことも重要です。障害を理解してもらった上で、働ける働きやすい職場を探すことで、無理なく働くことができますね。

関西ほっとサロン「ADHDについて」(外部サイト)

大人のためのADHDサイト」(外部サイト)

子どものADHD(注意欠如多動性障害)の対応法

ADHD(注意欠如多動性障害)の子どもと関わるときは、さまざまな注意点があります。注意力が続かない、多動性、衝動性があることから、安全性の確保は大人が気を配ってあげたい点のひとつです。また、話をするときも一度にたくさんの情報を与えても処理しきれないため、言いたいことを分かりやすく少ない言葉で話してあげることが大切になってきます。

子どもを怒るときは分かりやすい言葉で

子どもが何かをしたときに、つい感情的になり「わーっ」と怒ってしまっても、ADHDの子どもは、なぜ怒っているのか理解できないことが多いです。まずは、なぜ怒っているのかから説明する必要があります。説明をするときも、話が長いと情報を頭の中で処理しきれないため、短い言葉で分かりやすく伝える必要があります。

年齢によっても伝え方や伝える際の言葉は変わってきますが、子どもが理解できるレベルに下げて話をすることが重要です。ただ、何度話をしても同じことを繰り返してしまうのも、ADHDの子どもの特徴です。大人は、ついイライラしてしまいがちですが、否定すると子どもにとっては症状が悪化させてしまうこどもあるので、注意が必要です。

子どもの特徴に合わせた支援を

子どもは褒められると、また褒められたいと行動が変わっていきます。褒めてばかりでは、ダメですが叱ってばかりでもダメです。子どもの反応を見ながら、褒める・叱るのバランスをとっていきましょう。

ADHDの子どもは注意力が散漫で、1つの物で遊んでいてもすぐ他の物に気が散ってしまいます。目に入るもの全てが、情報として頭に入ってくるので、いろいろな物に気が取られてしまいます。そのため、他の物に気が取られず、集中して遊べるように他の物は片付けるなど目に入らないような工夫も必要になってきます。

また、外に出かけた際は、たくさんの人や物があるので特に注意が必要です。衝動的に行動するので、飛び出しや迷子に注意しましょう。事が起こる前に、事前に対策をしておくことが大切です。

情報量を多くしない心がけ

情報が多いと余計に気が散って、1つのことに取り組めないです。ついつい、あれやって、これもやってと言いがちですが、1つが終わったら1つを伝えるようにしましょう。「トイレ行って手を洗ってから、ごはんにしょう」では情報が多いのです。まずは「トイレに行って」から始めましょう。

また、おもちゃもたくさん出してしまっては、どれで遊ぼうか混乱してしまいます。遊ぶときは1つずつにしましょう。片付けは、ADHDの子どもにとって、苦手分野です。情報を整理整頓する力が弱いので、どこになにをどうやって片付けるのかを考えるのが難しいのです。

おもちゃを片付けるときは、1つの箱に入れれば良いなど、簡単にできるように工夫する必要があります。それに慣れてきたら、また次のステップに移行するなど、子どもにとって無理のないように成長を促していくことが大切です。

ADHDの子どもへの声かけの仕方

ADHDの子どもは、物事を上手く相手に伝えられなかったり、行動を制限されていると感じたり、ストレスを抱えていることが多いです。そのため、怒りやすい傾向にありますが、子どもの場合、抱えている感情の伝え方が怒るといった方法しか知らないために、そういった状況になると考えられます。何かを伝えたくて怒っている場合は、子どもの気持ちに一度寄り添ってから、別の方法を教えてあげましょう。

衝動的に手が出るなど、攻撃的になることもあります。この場合も、一度気持ちを受け止めてから、子どもと一緒に他の方法を考えていくことが大切です。

反対に、なにかできたときなどは褒めてあげましょう。褒められるなど、なにかをしたときに子どもにとってご褒美になることがあれば、それに向かって頑張るので、成長にも繋がります。しかし、飽きやすいので常に工夫を凝らす必要があります。

ご褒美に向けて一緒になにかをしていくことで、コミュニケーションも取れるので、人間関係に悩みを抱えやすいADHDの子どもにとっては、自然と人と関われる空間は大事です。

気をつけたいこと

他の子と比べてしまうことは、やめましょう。ADHDの子ども同士でも、症状の出方には個人差が大きいので、他人と比べることは良くないです。ADHDは必ずしも知能的な遅れがある訳ではないです。他人と比べられることで、自分自身に自信を失くしてしまうことにも繋がります。

他人と比べるのではなく、その子の良いところを伸ばしていくことを大切にしましょう。自分の性格を生活の中で知り、足りない部分を補うなど、折り合いをつけて生活することが身につけば、ADHDの症状も緩和されていく可能性もあります。

文科省「発達障害とは」(外部サイト)

文科省「特別支援教育ガイドライン」(外部サイト)

ADHD(注意欠如多動性障害)になる原因とADHD対策

ADHD(注意欠如多動性障害)はよく耳にされるようになりました。ADHDは、注意力欠如・多動性・衝動性が主な症状です。子どもの頃だけでなく、大人になってから診断を受ける人も少なくありません。ADHDは周囲の人の理解が必要です。ADHDとは、どんな障害なのでしょうか。

ADHD(注意欠如多動性障害)とは、なにが原因で起こるの?

ADHDの原因は、まだ解明されていません。現在もさまざまな研究がされていますが、遺伝なのか外的環境が原因なのかも判明していません。先天性の障害である可能性もありますが、現在分かっている部分では、脳の働きに偏りが見られるということです。特に前頭葉の働きが正常な人に比べて、問題があると考えられています。

前頭葉とは、あった出来事の記憶の整理整頓や、判断を下す働きを担っています。他にも、行動をコントロールする神経がある、重要な部分です。ADHDの人の特徴として、物忘れが激しい、衝動的な行動が多いといったことから、前頭葉になにかしらの問題が生じていると考えられます。

人は、脳から神経を通して命令を伝達し、行動に移していますが、ADHDの人はこの伝達をする物質が十分に機能していないと言われています。そのため、薬で伝達の働きを補うことで症状の改善を図っています。しかし、まだ根本的な部分での解決には至っていません。

ADHDは気付かない?

ADHDの特徴は、落ち着きがない、多動性、忘れ物や遅刻が多いなどが挙げられますが、これらは個人の性格としても捉えることができます。そのため、障害だと思われずに治療が遅れることがあります。

障害である期間が長いほど、治療で治る可能性が低くなります。子どものうちに診断されれば、足りない部分を教育や薬で補うことができます。子どものうちは脳も柔らかいので、できないことを補うよう教育を受けると社会に出る頃には、症状が気にならなくなるほどまで改善することができると考えられています。

大人で診断された場合でも、生活に問題が出ることはありません。しかし、生きづらさを感じている人も少なくありません。社会に出てから、人間関係や仕事のミスなどで悩みを抱えている人もいます。

ADHDは上手に付き合っていくことで、生きづらさ等を解消することができます。自分のできること、できないことを理解し、周囲にも理解してもらうことが大切です。ADHDの人が働きやすいように、会社で理解を深めているところもあります。また、雇用支援制度というものが存在します。できる範囲で、仕事ができるように働きかけてくれる制度です。こういった社会制度も利用しているのもいいでしょう。

子どものADHDに対してできること

子どもがADHDと診断された場合、親は障害のことをきちんと理解することが大切です。ペアレント・トレーニングというものがあり、専門機関や講習を受けられ、障害について学ぶことができます。ADHDの特徴を知り、できること、できないことを理解してあげるだけでも子どもの精神的ストレスは軽減されます。

子ども自身も、人間関係が上手くいかないストレスや、やりたいことができないもどかしさでストレスを抱えています。通常、子どもの場合は足りない部分を補う教育や、薬での治療を行いますが、対人関係の能力を高めるための、ソーシャルスキル・トレーニングも行います。

子どものうちに、適切な対処法を取ることで将来症状が軽減される可能性があるので、子どもの治療は早めに受けておきたいですね。周りの理解が得られずに、そのなかで生活していると、症状が悪化することもあります。

学校で理解してもらう、専門的な人に診てもらうといったことが将来に繋がると考えられています。また、無理をしすぎないよう、自分の性格やできることを考慮した上で、学校や職場を選ぶことも大切です。

ADHDと診断されたら…

ADHDは根本的な治療がまだ難しく、症状を軽減させることしかできません。治療をしていれば、軽減させることは可能ですが、努力や気持ちでどうにかできることではないので、ADHDとは上手く付き合っていくことが大切です。

無理をした環境にいても、ストレスなどから精神的に参ってしまいます。周囲の人や会社の人に相談をし、障害を理解してもらうことが大切です。周囲の人の協力があれば、環境も変わってくるので、無理をしないで相談をするようにしましょう。

また、診断を受けると障害者手帳が交付されます。医療費や公共交通機関の負担を軽減してくれる制度も地域によってはあるので、こちらも上手く活用していくと生活がより楽になりますね。障害がある方向けに、自立支援制度や雇用支援制度もあるので社会に出て悩んでいる場合は、一度話を聞いてみるのもいいでしょう。

日本薬理学雑誌「脳の発達障害ADHDはどこまでわかったか?」(外部サイト)

教育社会学研究「医療化現象としての「発達障害」」(外部サイト)

ADHD(注意欠如多動性障害)の特徴を解説します。

近年、よく耳にするようになったADHDという言葉。TVなどでも特集され、知っている方も多いのではないでしょうか?ADHDは、子ども頃に発見されるだけでなく、大人になってから、発見されることも少なくありません。ADHDにはどんな症状があるのでしょうか?症状を知ることで、見方を変えることもできるかもしれません。

ADHDとはどんな症状があるの?

ADHDとはAttention Deficit Hyperactivity Disorderの略で、日本語では注意欠如多動性障害と言います。ADHDは発達障害の1つで、集中力がない・多動性・衝動性が強いという3つの症状を合わせた言葉です。

注意力を持続することができない、じっとしていられず、常に動いているなど落ち着きがない、忘れ物や落とし物が多いのが特徴です。子どもの場合、子どもにはよく起こり得る行動のため、診断できずに見落とされてしまうことがあります。そのため大人になってから、発見されることも多いです。大人のADHDでは忘れ物が多い、1つのことにしか注意を配れず、2つのことを同時に行えないなども挙げられます。

ADHDにも種類がある。

ADHDには、3つの種類があります。注意力を持続させることができず、注意力が散漫な不注意優勢型。じっとしていられず、無駄に行動をしてしまう、多動・衝動性優勢型。2つを併せ持つ、混合型の3種類が主です。しかし3種類に分けられるとは言っても、人によって症状の出方が大きく異なるのもADHDの特徴です。

また、年齢によっても症状が変わります。子どもの頃のADHDは、じっとしていられないなどの行動に影響がでますが、大人のADHDは注意力がないなどの精神面に影響がでることが多いです。

早めに気づくことが大切。

ADHDは、脳の構造や働きが原因で見られるために起こる障害です。そのため、気を付けようという心掛け等で改善されることはありません。本人の努力や工夫で、症状を軽減させることができるのは、ごく一部にすぎないということになります。

子どもの頃に、ADHDが発見された場合は、成長に伴い不足している部分を補う教育をすることにより、大人になるにつれて症状がほとんど気にならなくなる場合があります。子どもの頃は、脳も柔軟で学習能力が高いため、不足している部分を十分に補うことができるためと考えられています。

大人になってから診断された場合は、薬で補うのが一般的です。社会に出ている場合、仕事やに人付き合いへの影響もあるため、周りの人に話して理解してもらうことが大切です。

気になる症状がある場合は、受診しましょう。

子どものADHDは、早めに気付くことで、必要な教育を受け不足を補うことができます。また大人になってから、社会での生きづらさを感じている人がADHDと診断されることも少なくありません。子どもでも大人でも気になる場合は、一度専門機関を受診してみることをオススメします。
ADHDは、周囲の人が障害を理解してくれることで生きづらさを解消することに繋がります。本人や周りの人が障害のことを理解するだけでも、精神的にも楽になる部分があります。

また、ADHDだと思っていても、ADHDに似た違った発達障害も存在します。障害の種類によって、アプローチの仕方も変わってくるので、自己判断ではなくきちんと診断してもらうことで、生活が変わるきっかけになると考えられます。

生きづらさを、生活のしやすい環境に変える。

ADHDなどの、発達障害が認められた場合、障害者手帳が交付されます。障害者手帳を持つことで、公共の交通機関の割引が受けられるなどの取り組みを行っている自治体もあります。また、仕事に対して不安を持っている方でも、働きやすい環境を得られるように、障害者の雇用支援制度というものも存在します。障害があっても、周りの人が理解を持っているだけで、働きやすくなります。理解ある会社に勤めることで、今まで感じていた不安等が解消されますね。

厚労省「発達障害の理解のために」(外部サイト)

厚労省「発達障害の現状と支援法について」(外部サイト)

Top